• 困難なく行いたい千葉の墓じまい

    少子化などの影響もあり、今後お墓を守る人がいなくなるなどの事情で先祖代々の墓所の墓じまいを考える人が、千葉エリアでも増加しています。実際に行うには、さまざまな届け出や手続きが必要となりますので、事前の準備が重要となってきます。
    まず、墓所を管理している寺院や霊園などの施設に撤去の意志を伝えて、規定に沿った手続きをしなくてはなりません。


    公営の霊園等では比較的スムーズに手続きが進みますが、寺院の場合、檀家が減ることは収入減につながるので、檀家を離れるための料金として高額の離檀料を請求されることがあります。

    さらに改葬による永代供養の費用を求められることもあります。


    墓じまいをするにあたっては、取り出した遺骨の改葬先が決まっていないと実行できませんので、改葬先の受入証明書や改葬許可証が必要となります。



    改葬するために必要な改葬許可証は、墓所のある市区町村など千葉のそれぞれの自治体窓口で手続きを行って、発行してもらわなくてはなりません。

    @niftyニュースのマニアックな情報をお届けします。

    それら書類上の手続きを経てから、ようやく実際の墓じまいの作業をおこなうことができます。

    遺骨を取り出して墓石を撤去、墓所区画を更地にして寺院や霊園に返還することになります。



    墓石の撤去や更地にする作業は石材店に依頼しなくてはなりませんが、墓石から魂を抜く魂抜きという法要が必要となるなど、ただの工事ではないぶん、こちらの交渉も慣れていないと相当に困難です。

    こういった事情から、墓じまいに伴う煩瑣で困難な手続きや交渉を一括で請け負う業者が、千葉でも増えてきました。

    準備不足や交渉の不手際などからトラブルを招かないために、利用を考えるのも一つの方法です。