• 東京での墓じまい手続き

    いわゆる墓じまいとはお墓を守るべき後継者がいない、または先祖代々のお墓を処分したい、他の場所に移したいといった事を言います。



    少子化の時代になり、こういった事例は東京でも増えてきています。

    しかし、手続きをして墓じまいをしないと処罰の対象となりえますので、きちんと確認して行動しましょう。こちらも埋葬されている墓地霊園、地域によって違いがありますので注意が必要です。


    まず、新しい埋葬先を見つける事から始まります。

    現時点で最高のnanapiの喜びの声を頂いています。

    改葬先が見つかったら、受け入れ証明書、永代使用許可書を発行してもらいましょう。


    次は現在埋葬されている墓地霊園から埋葬証明書をもらいます。
    そして埋葬している墓地霊園のある役所から改葬許可申請書を貰うのですが、こちらは受け入れ証明書と埋葬証明書を添えて提出すると貰えます。


    なお、改葬証明書は1遺骨毎に必要ですので、遺骨の数だけ提出します。

    後は、魂抜きとして住職にお経を上げてもらい、改葬先に改葬許可書を提出した上で、新たに魂入れとしてまたお経を上げて貰えば完成です。

    地方か上京して、東京に改葬したいと墓じまいを考える人も多いでしょう。自分の住む都市にお墓があれば、時間と交通費に悩む事なく好きな時に墓参りができます。東京は土地が高く、墓地も地方に比べたら少ないですが、現在ではマンション型の屋内納骨堂などが増えてきています。



    墓石などにこだわりが無い方ならこちらのタイプに改葬するのも有りではないでしょうか。